Amazonポイントを悪用した刈り取りへの対策のご案内

昨今、Amazonポイントの仕組みを悪用し、
販売中の商品に対して不正にポイントを多くつけて
結果的に安く購入する刈り取り被害が報告されております。

※ 本件はAmazonの現在のシステムを悪用した不正行為です。
※ プライスターに限らず【Amazonの価格改定を含む全ての価格改定ツールの使用者が被害の対象】になり得ます。
※ ポイントを0ptに固定している場合は被害の対象とはなりません。

不正が蔓延してしまうのを防ぐため、
詳しい手法につきましては割愛させていただきますが、
プライスターを使った回避策が見つかりましたので、
ご案内いたします。

 

 

【回避策】「出品価格のみをライバルに合わせて変更する」+0ptに設定する

 

プライスターで価格の自動変更をする際に、
ポイントが多くついてしまうことを防ぐのには、
価格の自動変更の設定を「出品価格のみをライバルに合わせて変更する」にして、
ご自身のポイントを0ptに設定する方法です。

そうすることで、ポイントが多くついてしまう被害を防げます。

詳しい方法は下記をご参照くださいませ。

価格の動作設定の使い方

2016.10.06

 

 

少しでも早い解決のため、声を集めるのにご協力ください

 

なお、この件は、弊社からもAmazonへ仕様変更の依頼を行なっておりますが、
根本的な解決までは時間を要する事が予想されます。

もし、被害に心当たりがある方がいらっしゃいましたら、
多くの出品者様のお声を集める事で問題解決が早まる可能性もございますので、
Amazonのセラーサポートへお問い合わせをいただけましたら幸いです。

今ならプライスターが30日間無料でご利用いただけます