価格の自動変更は赤字ストッパー&高値ストッパーを使おう!

プライスターには「赤字ストッパー」と「高値ストッパー」という機能がついています。

今回はそれぞれについてご案内いたします。

ストッパーについて

 

赤字ストッパー・高値ストッパーとは

赤字ストッパーは出品するときや出品した商品を見ているときに
赤字ストッパーに金額を入れておくと、
価格の自動変更を使っている時にその金額以下には下がらなくなります。

また高値ストッパーは出品するときや出品した商品を見ているときに
高値ストッパーに金額を入れておくと、
価格の自動変更を使っている時にその金額より上がらなくなります。

 

赤字ストッパーや高値ストッパーは
出品するページ、出品したものを見るページにて設定することができます。

各種ストッパーの設定方法について下記に手順をご案内いたします。

 

【 出品する際にストッパーを設定する場合 】

 

出品するページを開きます。

 

設定したいストッパーの項目に金額を入力します。

商品を出品する際にストッパーを設定する方法は以上で完了です。

 

【 出品中の商品にストッパーを設定する場合 】

 

出品したものを見るページを開きます。

 

設定したいストッパーの項目に金額を入力します。

 

以上で完了となります。

簡単に設定することができますので、ぜひそれぞれのストッパーをご活用ください。

 

一括で設定する場合
仕入れ価格や赤字ストッパー、高値ストッパーは、
画面に表示されている最大50商品に対して一括で設定することができます。

一括設定の方法は下記のページで詳しい解説をご用意しておりますので、
ご参照くださいませ。

仕入れ価格や赤字(高値)ストッパーをまとめて設定する方法

2014.10.28

 

価格の自動変更ごとの赤字ストッパーの動きについて

 

価格の自動変更ごとに、赤字ストッパーの動作が変わることがあります。

 

  • 価格の自動変更が「しない」の場合

価格の自動変更が「しない」となっている場合は価格の変更が行われないため、
赤字ストッパーをご入力いただきましても活用されません。

  • 価格の自動変更が「FBA状態合わせ」「状態合わせ」「FBA最安値」「カート」の場合

赤字ストッパーと仕入れ価格のどちらか高い方の価格で下げ止まるようになります。

  • 赤字ストッパーの表示について

赤字ストッパーで下げ止まっている商品には
赤字ストップのマークが表示されるようになっております。

akajistop

 

ストッパーを使った便利機能について

 

高値ストッパーを使うことによって、出品者が自分だけになった際に、
価格を高値ストッパーまで価格を上げるという設定をすることができます。

詳しくは下記詳細をご確認ください。

出品者が自分だけになった際に価格を高値ストッパーまで上げる方法

2019.03.20

 

赤字ストッパーと高値ストッパーにより、あなたにとって利益が大きくなるよう
プライスターを最大限にご活用いただければ幸いです。

今ならプライスターが30日間無料でご利用いただけます