【日本版】価格の自動変更でAmazon本体を無視した価格を追いかける方法

当機能は2017年7月28日現在、日本版のみ対応している機能です。
海外版のプライスターに関しましても、順次導入予定ですので今しばらくお待ち下さいませ。

プライスターでは、
価格の自動変更の動作をする際に
Amazon本体がライバルにいる場合、
Amazon本体の価格を無視できる機能
ご用意致しました。

この機能をご利用頂きますと、
Amazon本体だけが非常に安く出品しているときに
少し高い価格で待ちたい場合や、

Amazon本体がカートを取得しているときに
少し安い価格で出品しておきたい場合などに、

Amazon本体の価格を無視することで、
Amazon本体と競合しない価格を
保つことができるようになっております。

設定の方法に関しましては
お取り扱い商品全体に対して設定する方法と、
商品ごとに設定する方法の2種類をご用意しておりますので、
下記をご参照くださいませ。

 

お取り扱い商品全体にAmazon無視を設定をする方法

お取り扱いをなさっている商品全体に対して、Amazon本体の価格を無視する設定をなさる場合は、価格の自動変更の動作設定ページで設定ができます。

価格の自動変更の動作設定ページにて、Amazon無視設定の項目を【Amazonを無視する】にして頂きますと、価格の自動変更の際にAmazon本体以外のライバルの価格に合わせて出品価格を変更いたします。

▼ 実際の画面はこちらです

価格の自動変更の動作設定ページは、下記から開くことができます。

 

商品ごとにAmazon無視を設定する方法

商品ごとにAmazon本体の価格を無視する設定をなさる場合は、価格の自動変更のカスタムモードの画面で設定ができます。

▼ カスタムモードの画面はこちらです

なお、カスタムモードの詳しい設定方法は、下記をご参照くださいませ。

価格の自動変更【カスタム】モードの使い方

2015.11.12
価格の自動変更を「カート」にしている場合の動作につきまして
Amazon無視を設定している商品の価格の自動変更を「カート」にしているときに、
Amazon本体がカートを取得している場合はカート価格を無視しますので、
価格は変更されずに据え置きになります。

Amazon本体以外の出品者様がカートを取得したら、
その価格に合わせる動きを致します。 

 

Amazon本体と価格が競合してしまいますと、売れ行きが悪くなってしまうことが考えられますので、この機能を使ってなるべく競合しないように価格を管理して頂ければ幸いです。

今ならプライスターが30日間無料でご利用いただけます