Amazonとの接続設定

 

プライスターをご利用いただくためには
お持ちのAmazonのセラーアカウントとプライスターの接続を完了させる必要があります。

Amazonとプライスターの接続方法についてご案内いたします。

 

プライスターの開発者氏名と開発者IDを入力

 

下記をクリックすると、
開発者氏名と開発者IDが入力された状態のセラーセントラル画面を開くことができます。

※ セラーセントラルにログインした状態でボタンを押してください。

 

このような画面が表示されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

 

※ 上記URLをご確認いただけない場合は下記から接続方法をご確認ください。

Amazonとの接続専用ボタンが開けない場合の接続設定

2019.04.12

 

プライスター専用の出品者IDとMWS認証トークンを取得

 

注意事項確認画面にて、ご確認の上チェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

 

この画面にプライスターへ入力するための出品者IDとMWS認証トークンが表示されます。
この後プライスターの画面上に入力する必要があるので、
表示されている出品者IDとMWS認証トークンをコピーします。

 

 

取得した出品者IDとMWS認証トークンをプライスターに入力

 

次は下記のボタンをクリックして、プライスターにログインしましょう。

 

このような画面が表示されたら、
先程Amazonで取得した出品者IDMWS認証トークンをプライスターに入力します。

※ MWS認証トークンは「amzn.mws.」からはじめる文字列となります。

 

 

下記のページが表示されたら、接続が完了です。

 

Amazonと接続ができない場合

上記お手続きを行っても、
Amazonとの接続ができない場合には下記の要因が考えられます。

【1】セラーアカウントに原因がある

セラーアカウントがプライスターと接続出来る状態になっていないと
接続に失敗してしまいます。

・セラーアカウントは大口登録になっているか
・セラーアカウントの決済は完了しているか
・出品ステータスはアクティブになっているか
・外部ツール(プライスター)と接続できる状態か

など、セラーセントラルにてアカウントの状態をご確認ください。

 

【2】Amazonとのタイムラグ

セラーアカウント作成直後などに接続をお試しいただくと
データの準備等ができておらずタイムラグによって接続できない場合があります。

その場合は2〜3時間、最大24時間ほどお時間をおいてから
再度接続をお試しください。

 

【3】既に使用されている出品者IDを登録している

プライスターでは1つのセラーアカウントに1つのプライスターのみが接続できます。

Amazonとの接続時に下記のエラーが返却される場合には、
以前使用されているアカウント等に出品者IDが残っている可能性があります。

その場合には出品者IDとともに、プライスターお問い合わせ窓口までご連絡ください。

 

 

この記事やセラーセントラルにて確認しても
解決できなかった場合は下記の窓口よりお問い合わせください。

 

 

よくある質問

1.Amazonとの接続の有効期限が切れてしまっているのはどうすればいい?

Amazonでは2017年よりプライスターなどの外部ツールをご利用のユーザー様は、
1年ごとにセラーセントラルの画面で接続の有効期限の更新が必要になりました。

プライスターは毎年Amazonと接続した日から1年経過する日が近くなると、
画面上に接続の有効期限の延長手続きのご案内を表示するようになっておりまして、
下記の手順で有効期限が1年間延長できますので、お手続きをお願いします。

Amazonとの接続の有効期限を1年間延長する方法

2015.08.29

2.Amazonから届くメールを停止するには?(日本版)

プライスター日本版では、
出品中の商品の価格や数をAmazonから約2時間ごとにレポートとして自動で取得しています。

そのため、基本の設定ではAmazonから「Open Listings Report レポート作成完了」というメールが約2時間おきに届きます。
もし、このようなメールが不要でしたら下記の要領で設定をすると メールが届かなくなりますのでお手続きをお試しくださいませ。

Amazonから届くメールを停止する設定方法(日本版)

2013.11.28

 

今ならプライスターが30日間無料でご利用いただけます