【2019年10月1日】消費税10%の導入にあたって気をつけたいポイント

2019年10月1日より消費税が8%から10%に引き上がります。

今回は、この2019年10月1日からの消費税10%の導入にあたって
気をつけたいポイントやプライスターの対応状況をご案内いたします。

消費税アップによる出品者様への影響は?

 

消費税が10%になることでの出品者様への最大の影響は
「値上げをしないと消費税分の利益が減ってしまう」ということです。

というのも、Amazonは出品価格を「税込価格」として管理しているため、
出品価格がそのままだと消費税分の利益が減ってしまうのです。

消費税が8%から10%に変わると…
例)出品価格:1080円の場合

消費税8%   → 粗利益:1000円 消費税:80円
消費税10% → 粗利益:982円   消費税:98円

同じ価格で売れても、消費税が10%だと粗利益が18円減ってしまいます

※ 参考資料(セラーセントラルに移動します)
税制改定(2019年10月1日)における消費税の取り扱いについて – 概要

 

今回は、出品者様にしっかり利益を確保していただくために、
10月1日の消費税アップに合わせて、出品価格を引き上げる2つの方法をご案内いたします。

 

消費税アップに合わせて値上げをする2つの方法

 

10月1日の消費税アップのタイミングに合わせて出品価格を上げるには、

  1. セラーセントラルの「価格更新予約ファイル」で変更予約をする方法
  2. プライスターの価格の自動変更でライバルの値上げに追従する方法

の2つの方法があります。

 

セラーセントラルで一括変更の予約をする方法

消費税が10%に引き上げられるタイミングで自動で価格が変更されるよう設定する場合、
セラーセントラル上の「価格更新予約ファイル」を利用します。

▼ ご利用方法はこちら(セラーセントラルに移動します)
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/GFMH5NCKZDK2BMXM/ref=mass_pro_1909

※ ご確認ください ※
値上げの予約を行った商品にプライスターの価格の自動変更が設定されていると、
予約した価格が反映された後に、すぐに価格の自動変更が起きる可能性があります。

セラーセントラル上での予約設定した価格を維持したい場合は、
一度プライスターの価格の自動変更をオフにしていただくことをおすすめいたします。

 

 

プライスターの価格の自動変更でライバルの値上げに追従する方法

プライスターで価格の自動変更を設定している商品については、
追従対象のライバル価格が変更されると自動で価格追従をします。

そのためライバルが値上げをした際には、ご自身の商品も価格追従により自動で値上げします。

※ ご確認ください ※
カスタムモードオリジナルの価格の自動変更を適用している場合は、
値動きの設定が「値下げのみする」にっていないかをご確認ください。

 

 

セラーセントラルの障害や反映の遅延について

消費税が8%から10%に引き上がる際に、
消費税分の値上げをする出品者様が多いことが予想されています。

その影響により、10月1日0時前後にはセラーセントラルが一時的に開けなくなることや
Amazonとプライスター間の価格の変更データの受け渡しや反映の遅延があるかもしれません。

もし万が一、プライスターで大幅に影響を受けてしまう場合には、
画面上やTwitterなどでお知らせいたしますので、ご確認いただければ幸いです。

 

関連事項

 

軽減税率について

軽減税率制度については、対象商品が非常に限られていることもあり
現在プライスターでは対応できかねる部分となります。

軽減税率制度を適用させたい場合は、
下記のセラーセントラルでの設定方法をご参照くださいませ。

・軽減税率を適用させる方法

商品タックスコードを設定することにより、税率を指定することができます。

以下セラーセントラルのご案内文章を引用します。
———-
軽減税率対象商品を販売する出品者は、「商品タックスコード」を設定することで、税率を指定することが可能です。「商品タックスコード」はセラーセントラル上在庫管理画面、各種ファイル(カスタムテンプレート、出品ファイル(L)等)にて設定できます。現在は、出品者が商品ごとの「商品タックスコード」を設定しない場合、自動的に課税の商品タックスコードが適用され、課税商品として取り扱われています。
———-

▼ 商品タックスコードについてはこちら(セラーセントラルに移動します)
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/G8E67JPEXAPQ4672?language=ja_JP&ref=ag_G8E67JPEXAPQ4672_cont_GKA5863V3RA759RM

 

税金の確認方法

消費税の引き上げにより、税金についても気になるかと思います。

セラーセントラルのペイメントページにて、
商品税を確認することができますのでご確認くださいませ。

 

 

今回の消費税の引き上げによって、売上の上下など影響もあるかと思いますので、
価格の自動変更など、ぜひあなたに合う方法でプライスターをご利用いただければ幸いです。

 

今ならプライスターが30日間無料でご利用いただけます